スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

熱性けいれん

2013/01/29 Tue 15:40

ウサギの幼稚園時代のお友達に誘われて、先週金曜日夕方から1泊2日でディズニーシー&ランドへ行きました。

アフター6チケット使い、ディズニーシーへ。
受験時期だし、寒さもあって、かなり空いていました。
おかげで念願の「トイストーリーマニア」にも待ち時間、1時間足らずで乗る事ができ、大満足!
他のアトラクションもかなり乗れました。

ただ、ちょっとウサギの様子がオカシイ・・・
ホテルに帰って、疲れた・・・といい、お風呂も入らず、バタンキュー

翌朝、グッタリしたウサギ
フロントで体温計をかり、測定したら 39.5℃

ディズニーランドで遊ぶ事をかなり楽しみにしていたウサギに、帰らなくてはならない事を伝えると、号泣
でも、帰らなくては。

直ぐにゾウに電話し、迎えにきてもらいました。
その足で、かかりつけ医へ受診。
インフルエンザA型でした

リレンザを処方してもらい、帰宅。
スープが飲みたいというので、飲んで、リレンザも吸引し、寝てしまったウサギ
家に帰ってきたし、安心していたら・・・悲劇がおきました

隣の部屋でゲボッと嘔吐の音がし、慌てて見に行くと 嘔吐し、呼吸もせず、痙攣しているウサギ
痙攣は4歳の時以来、3度目です。
直ぐに救急車を呼び、国立成育医療センターへ搬送してもらいました。
痙攣は病院につくころ、治まりましたが、意識がない。
私も ただただ泣いて、オロオロするだけで・・・無力でした。

先生が4名ほど付いていたでしょうか・・・点滴など処置をしてもらい、やっと名前が言えました。
それからは、四肢を動かしたり、一連の検査。痙攣のあとは、疲労困憊でぐったり寝ます。
ベットで寝ているウサギに特に異常もみられず、夜に帰宅。

もう・・・本当に怖かったです。
先生もおしゃっていましたが、熱性痙攣は悪いものではないけど、この年齢(もうすぐ9歳)で起すのは問題らしです。
一度脳波検査はうけていますが、春休みにもう一度精密検査を受けてみます。

一人で別の部屋で寝かせていたら、どうなっていたかと思うと、本当に反省です。
暫くウサギから目が離せません。

あっ、因みにコアラにもインフルエンザは感染し、我が家は今週お休みモードです。
子供達は解熱し、すっかり元気なので、監禁生活が大変です

またまだインフルエンザの季節なので、みなさんもお気をつけてください。
日々の事 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。